復讐してやる!

製品情報

タイトル 復讐してやる! ~マーダープリンセス・ナハティガル~
発売日 PKG版:2020年03月27日 / DL版:2020年03月27日
ブランド
Twitter

クリエイター

原案・イベント背景 浅賀 葵
シナリオ・原案 有島 悠也
オリジナルBGM まーくん@Vorpal Sword
その他 小川君
キャスト ハティ/リーベ(長瀬ゆずは)、ルクス/その他(誠樹 ふぁん)

動画


攻略データ

フローチャート
今はもう一度ゆっくり眠るしかなかった>01_a
リーベのように追ってビンタを入れる>01_b
(追いかけて頭を撫でて慰める>01_c)
(しばらく放置して回復を待つ>01_d)
そうしみじみ思った。>01_e
翌日、再び犯されて絶望を知るまで⋯⋯>01_f
絶頂を繰り返した所で、記憶の世界がまた、ゆらぐ⋯⋯>01_j
私は覚悟を決め、怪物と向き合った。>01_k
こぼれてしまいそうな命を、落とさないために⋯⋯>02_a
私の腕を握る、ルクスの手は思っているよりも熱く感じられた>02_b
私達は改めて食事を摂り直す事にした>02_c
出来る事、という言葉の意味を反芻しながら>02_d
今のハティにしか出来ないことがあるのだから>02_e
ひとごろし、という言葉が⋯⋯脳裏に張り付いたまま>02_f
意識がそのまま闇に飲み込まれていく>02_g
そうやって、私はひとごろしに、なっていったのだ>02_h
私が人間でいるために、ルクスは必要なのだろうなと思えた>02_i
そのまま私達は研究所に移動する事にした>02_j
私ナイフを鞘にしまい、身に着ける事にした>02_k
より多くの戦闘員を作り上げるために⋯⋯>03_a
それはきっと、素晴らしい事だと思える>03_b
私はその後を追う事にする>03_c
セーブ1
モップを構える>03_d(小瓶を拾い上げる>03_f)
私は目標を追ってトイレに急ぐことにした>03_g
相手を処分するという事はさしたる苦労も努力も必要とはしなかった>03_h
次の瞬間、視界がいきなり真っ白に染まった>03_i
⋯⋯そういえば、そんなやりとりをルクスとしたような気がする>03_j
倒れている二人の武器を持ち帰ることにした>03_k
抗う事も、何もできないままに。>es04
それしか、今の私には出来そうになく>03_l
私は自分の、リーベと暮らした部屋へと戻ることにした>04_a
リーベの苦労を見たような気がしながら>04_b
後に残るのは、ただ静寂ばかりだった>04_c
改めてそう思った>04_d
それはまた、命がすり潰される前触れでもあった。>04_e
私はそうして準備を終え、行動を開始する事にした。>04_f
気付けるはずがないのだから>04_g
それを今は振り払い、この場を離れる>04_h
尾行を警戒しながら、今は戻る事にした>es06
私は屈辱の白濁に塗りつぶされる思いだった>04_j
迅速に、でも焦りすぎずに、行動するために>es07
そのまま精液に自分の意識を沈めるように⋯⋯と>04_k
そして、また別の部屋へと向かう事にした>04_l
何より嬲られたルクスの事が心配だったから>05_a
ただ無言でいるばかりだった>05_b
そんなルクスの言葉に、私は素直にうなずいた>05_c
その表情は、自信に満ちているようだった>05_d
背筋が寒くなるようだった>05_e
そんな言葉を交わしながら、私はルクスとの掃除を続けた。>es03
>05_f
もう一度眠りにつく事にする。>05_g
>es16
出来るはずがなかった>05_h
私の手へと伝わって来た。>05_i
それが、答えだったのだ。>05_j
私は少し間合いを取って深呼吸をした。>05_k
後にはただ静寂が残るばかりだった。>05_l
そこには少しだけ上機嫌な顔をしたシュラが立っていた。>06_a
私の意識がゆっくりと闇に飲み込まれていく。>06_b
そこで汚物を処理させるために部下を呼びつけた。>06_c
>es10
もう一度自分が痙攣する感覚だけを痛感していた。>es11
意識が消し飛ばされるようにして、悶えることしかできずにいた。>es12
ハティの身体から離れる。>es12a
終わる様子をまったく見せなかった。>06_d
私は看守代わりをしているらしき男の後ろをついていく。>06_e
ただ観客の前で嬲られた体を見世物にされるだけだった。>es13
私はその場でゆっくりと、崩れて倒れた。>06_f
もっと思考して道筋を組み立てていくために。>06_g
フラッハは理解する事が出来なかった。>06_h
ただ恥辱に耐えるのが唯一の抵抗だった。>es14
おち〇ち〇の具合を再認識するしか出来なかった。>06_i
ここに届くまで手を尽くしてくれたであろうルクスに改めて感謝した。>06_j
私は再びこの通路を歩き始めた。>06_k
私はナイフを構え、シュラと戦うために向き合⋯⋯>06_l
ただ、爆発が起きるようにして、意識が一緒に光へと飲み込まれた。>06_m
シュラは自分の心の奥が少しだけ踊る感じがした。>06_n
シュラの身体が、いきなり膨れ上がり⋯⋯弾けた。>06_o
完全に動かなくなる。>07_a
私は引かれるままについていく>07_b
私は温かい感情を覚えた。>07_c
そんな事を一人考えはじめていた。>es15
強くあるようにと、自分に言い聞かせながら。>07_d
私は覚悟を決めていた。>07_e
私はそれらと戦いながらも、奥へ、奥へと向かうしかなかった。>07_f
ハティを追いかけるためにも。>07_g
ただあの時は、犯されている女性が目の前に見えて⋯⋯。>07_h
セーブ2
アフェに謝罪する>07_i
そこで声と同時に、衝撃がお腹から、背中に向けて走り抜けた。>07_j
私はそこで一度、安堵のため息をついた。>07_k
フラッハはそこで、口を歪めて笑った。>07_l
激しく駆け巡るのを自覚していた。>08_a
見ている自分も、この現実にはただ圧倒されるばかりだった。>08_b
セーブ3
念のため、怪物をさらに切り刻む>08_c
普段眠る時よりも、全身が重くなるような…⋯⋯感じがした。>08_e
>es20
急に視界がグルッと反転した。>08_f
>08_g
>08_h
END

セーブ1から
柱時計を持ち上げる>03_e
そう、時間を必要とはしなかった>e05
BAD END

セーブ2から
問答無用とばかりに先制攻撃を仕掛ける>es19
BAD END

セーブ3から
フラッハの動きを警戒する方を優先する>e18
BAD END
>環境設定に服装変更等のオプションが追加

感想

選択肢にしなくてもいい文章を何度も何度も選択肢のように選択させる。中には文章自体がない、ただ分岐チェックする為だけの1つだけの選択肢をクリックするとういう、非常に苦痛が伴う作品でした。
声優がとても残念でした。ルクスなら、まぁ…